収益性はどうなのか

ソーラーパネルを設置した場合の、収益性という事を考えてみると、太陽光発電の場合、固定価格で買い取りが制度化されているため、太陽光投資として考えるとデフレの時に非常に強いと考えられます。また事業としての収益性ですが、20年の固定収益があります。20年間は市場の変動などを考えることなく収益を期待出来るというメリットがあります。

不動産投資をアパートなどの収益不動産に求める場合、長期的な不労所得が得られるという大きな魅力がありますが、少子化という事を考えると、空き室のリスクはドンドン高くなっていくと考えられますので、将来性という事を考えると安定収益と確実視する事は出来ないでしょう。

また収益不動産の場合、地域の人口の変動、賃貸住宅の需要や供給という面を考えなければなりませんが、太陽光発電、ソーラーパネルの設置という投資の場合、固定価格買取制度という制度があり、国が義務付けている固定価格買取期間が基になり、電力会社との契約があります。つまり、国と電力会社によって支えられているという大きな安心土台があるのです。

こうした考えてみると、ソーラーパネルの設置による不動産投資は非常に魅力あるものと考えることができます。収益性という面で見ると、安定性も信頼度も高い方法という事です。